ファンデーションは春夏秋冬で使い分けよう

春以降にはUV効果のあるファンデーションを選びましょう。

メイクに使用するファンデーション、年中同じファンデーションを愛用されているという方もきっと、多いはず。

昔のわたしも実はそうでした。オールシーズンように冬用、夏用と兼用して愛用していたものです。

それが、年齢を重ねてゆくうちに徐々にですが、使い分けるようになりました。

特に春先以降の暖かく感じる季節には、UVケアの高いファンデーションとサンスクリーンを選ぶようにしています。

春夏用ファンデーションの選び方は重要です。

UVカットの効果が高いファンデーション、下地にはサンスクリーンを塗りこんで二重使いを行うことにより、紫外線からの防御を高めます。

そこで、商品選びでいつも注目してしまうSPF、PAというもの。

前者はB波を、後者はA波をブロックするという指標です。

SPF数値は30で10時間と考えていきます。一般的な活動時で使用するとき、30前後のもので充分、美容部員さんに聞いて確かめてみると良いでしょう。

ここで意識していることは、紫外線を気にしすぎて、過剰な野外活動用の商品を選んでしまうことです。

また、UVケア用品に含有されている、紫外線吸収剤、あるいは、紫外線散乱剤という成分は含まれていない商品を選ぶように注意しています。

特にアレルギー持ちではないという体質ですが、これらにはアレルギーの原因になるものが含まれています。

ボディー、フェイスともにサンスクリーンを毎日塗ると、アレルギー物質の影響も受けてしまいますので注意します。

そしてUVケア用品は薄く塗るようにしましょう。

化粧品のコストを良くするために、あるいは適切に使用するためにも薄く均一にサンスクリーンを塗るようにしていきます。

真夏日はとくに、厚めに塗ってみたくなりますが、そこはいつも通りの一定量を塗り込んでいきます。

7月以降の夏日であれば、1日に数回塗り直していくようにしています。

少し注意するだけ、これで、夏は紫外線対策の化粧品に費用がかかるということもなく、オールシーズン変わらないコストで対策ができます。
【最安値情報】SNSで話題のオールインワン化粧品で肌のたるみ改善!!

美肌になりたいから、夜は泡洗顔を取り入れる

美肌を目指して泡洗顔のコツを学びました!!

過去には毎日の洗顔を適当に済ませていたこともありますが、泡洗顔を心がけてからのお肌の状態はよく、汚れも落ちやすくなりました。

泡洗顔は石けん、洗顔フォーム、いずれの溶剤でも簡単にできます。キメの細かい泡で肌を洗うことにより、小さな汚れが落ちやすくなります。

洗顔が全て、洗顔次第という表現をいう美容家もいるように、まずは汚れを落としていくことが先決です。

泡洗顔の手順を守るだけでも洗顔効果って違うと思います。

泡洗顔を作る方法はとても簡単です。

手のひらにおさまるネットと石鹸を準備します。石鹸は洗顔用であれば良し、ネットはどこでも購入できますが、なければ果物が入ったネット袋を代用してもいいのです。

片手のうえのネットに石鹸をおいてこするだけ、あとは石鹸を手から離してはネットを揉み込んで泡を大きくしていきます。

出来るだけ大きな泡を作ろうとするなら、よく揉み込んでからネットを手放していきます。

洗顔フォームと石鹸の泡の違いを確かめる

洗顔フォームの泡もたしかに泡立ちのいい泡ですが、泡立てたばかりのものと比べると違うんですよね。

キメの細かさ、手触り、重み、顔にのせたときの感触、どれもこれも違います。泡で洗顔していくことで、細かい汚れを落とすこともできるのです。

クリーミーな泡で肌を洗うこと、その気持ち良さが癖になります。

最も避けたい洗顔方法は、溶剤そのもので直接洗うことですから、正反対の泡洗顔はストレスフリーということです。一度体験するととて気持ちのいいものです。

洗い流しも楽で、さっぱり綺麗な素肌になりたいですよね?

泡洗顔のあとのお肌は、洗い流しもさっぱりしています。

軽く流すだけで綺麗に泡と汚れが落ちていきます。素肌は清潔な状態にありますので、就寝前にはメイク、皮脂、汗、など全て綺麗に流れていきます。

ローションほか、引き続いてのお手入れもスムーズにできます。ローション成分、美容液の成分が肌の奥へと浸透しやすいというメリットもあります。
【最安値まとめ】新作のオールインワン化粧品が「保湿力がエグい」とSNSで話題に!!

美肌の基本となるクレンジングを見直してみたら、、、

私は長年敏感肌に悩まされています。

年々合う基礎化粧品を探すのに苦労するようになり、同じ物を長期で使用していても急に肌に合わなくなったりするので、

自分の中でこれがお気に入りの商品!というのが少なくなってきているなと日々感じております。

コロコロ使うものを変えてもいいものかと悩みながら日々使っていますが、その日その日の肌の調子に合わせて今は使うものを変えております。

ここ数年はクレンジングがお肌にとってとても重要だと気づき、かなり洗浄力の強い商品や摩擦が起こりやすいものは使用しないようにしていて、なるべく肌の負担を減らしながらメイクが落とせるように成分も欠かさずチェックしています。

様々な商品を試してきましたが、オイルクレンジングが好きだった私は最近初めてミルククレンジング商品を使用してみました。

やはりミルククレンジングだとメイク落ちが心配で余計にお肌に悪いんじゃないかと使うのを避けてきましたが、

最近は脱ファンデーションで日焼け止めのみをベースメイクにしており、日焼け止めも石鹸で落とせるものなのでミルククレンジングでも落とせそうと思い使用することにしました。

前からパッケージがおしゃれで気になっていたマツモトキヨシのPBのアルジェランというブランドのミルククレンジングを使用中です。

成分も天然由来の原料やオーガニックの成分が主に使われており香りも精油を使っているので香料じゃないところもポイントが高かったです。

使用した感想は、洗い上がりがしっとりしていながらもアイシャドーのラメが取れていたので洗浄力もあるんだなと感動しました。(ファンデーションの落ちは分かりません。)

伸びがいいので摩擦で洗うというのをしなくていいのは肌の負担が減らせて安心です。

使用して半年が経ちましたが、何のトラブルもなく使用出来ているので嬉しい限りです。

合わないものを使うとすぐ痒みと赤みが出ますが一度も出たことはなく、こんな低価格でこんなクオリティの高い商品がドラッグストアで買えるのはありがたいです。

他に気にいるものに出会わない限りは当分お世話になろうと思っております。
newbeginningsatwaverly.com

乾燥肌の人必見!ニキビが減ったメルヴィータオイル

保湿対策をしているつもりなのに乾燥肌で繰り返しニキビができてしまう、秋冬春の夏以外の季節は特に乾燥ニキビが増えて困る。

といった悩みを持った方、多くいるのではないでしょうか。わたし自身も、かなりの乾燥肌でずっとニキビに悩んできました。お風呂上がりなんかはすぐにスキンケアを始めないと、肌が突っ張って大変なことになります。

歳を重ねてもいっこうに減らなかった乾燥ニキビですが、メルヴィータのオイルを取り入れたことにより、かなりニキビができづらくなりました。

メルヴィータからはいろいろなオイルが出ていますが、おすすめしたいのはアルガンオイルです。

美容オイルというと、化粧水の後に塗ると思われる方が多いと思いますが、メルヴィータのアルガンオイルは「ブースター」の役目を果たします。化粧水前に肌に塗る、導入オイルです。

アルガンオイルは皮脂の成分と似ており、肌に馴染みやすくなっているそうです。そのあとの化粧水の浸透力も高まります。実際、オイルをつけてから化粧水、乳液またはクリームを使用すると、肌の柔らかさが段違いなのを実感しました。

どんなにしっかり化粧水を入れ込んで、乳液をたっぷり塗ったとしても、朝には肌が乾燥している状態だったり、日中メイクをしていてもファンデーションがひび割れて、口元が粉を吹いている・・・

なんてこともあったわたしの肌。アルガンオイルを取り入れてからはまったく乾燥をしなくなりました。それによって、ニキビはほとんどできなくなり、昔ほどファンデーションやコンシーラーを厚く塗らなくなったことを嬉しく思います。

すっぴん風、素肌風メイクなんて自分には無縁だと思っていたので、本当にアルガンオイルを使い始めてよかったです。

副作用なども特にないため、もう5,6年は愛用しています。ニキビや乾燥に悩む友人には、まずメルヴィータのアルガンオイルを薦めています。

ニキビがまったくなくなった、という人もいれば、ニキビは完全にはなくならないけど、乾燥はしなくなったとの声を沢山聞きますので、多くの人が使えるスキンケアアイテムではないでしょうか。
【海外で大人気!】こんなにすごいVIOクリームがあったんだ!