「美容液」というネーミング

何年か前から、「まつげ美容液」というのが盛んに宣伝されるようになりましたね。
私は当初「まつげ美容液って何?」って、最初は不審だったのですが、ある時気になって調べてみたら、育毛剤や養毛剤の成分とかを配合していて、
まつげを増やすとか太くするとか、要は頭髪で長年男性がやってるようなことをまつ毛に応用したということだったんですね。

美容液と言うから、てっきり、お肌の美容液みたいなものかと思っていて、「毛だから美容液を塗ってもしょうがないでしょう?」と思っていました。
まぁ、でも「まつげの育毛剤」とか「まつげの養毛剤」ってネーミングだと売れそうにないか。なのでこういう名前になったんでしょうか。

それにしてもまつ毛に育毛剤という発想は全然ありませんでした。これも発想の転換ですね。

まつげが長いというと、イメージするのは「銀河鉄道999(スリーナイン)」のメーテルを始めとする、松本零士氏の描く女性(古い?)

彼女たちって、まつ毛がバッサバサ(しかもものすごく細身)。これがちょっと前の世代の「女らしい」イメージかな。

その女らしさのイメージは置いておいても、長いまつ毛って憧れですよね、今でも。その夢を叶えるためのアイテムが「育毛剤」だというのはちょっとアレだけど(笑)。

ただ、まつげ美容液には注意が必要だそうです。
というのも、まつげ専用に開発されていない、もともと頭髪用だったものを利用しているものがあるそうで、それだと頭皮と目のまわりの肌の性質がまるで違うので、トラブルを起こすこともあるそうです。

考えてみればそれも道理で、まつ毛って目に直結しているし、アレルギーの時期にはまぶたや目のまわりが痒くなったり白目が赤くなったりするので、敏感な部分ですよね。

なのでまつげ美容液は、まつげ専用に開発されたものかどうかをチェックした方が良いそうです。周囲のお肌や目のことも考えて、添加物フリーだったり、いろいろチェックして選んでくださいね。

例えばこんなのがおすすめです。詳しくはこちらのサイトに。

ヒアルロン酸のパッチ

最近ネットとかをチェックしていると、よく目の下に絆創膏を「八」の字に貼っている人の写真が出てきますよね。男女問わず。あれって画像的にとっても間抜けなんだけど、「一体何をしてるんだろう?」と思ったことありませんか?

あまりにも何回も出てくるので、クリックして見てみました。そしたら、目の下のあの部分の肌って、年齢が上がってくるとちょっとたるんでくるそうで、そこをなんとか改善しようという製品の宣伝だったみたいで。あまりに間抜けな画像だったので「いったい何やってるんだろ?」と思ったら、そう思わせてクリックさせる仕組みだったみたい。

ときどき、民間療法っていうんでしょうか、民間美容法?あまりおお金をかけずにする美容法みたいなのがネットで流れてくることになりますよね。以前よく見たのは「イチゴ鼻」解消の方法。苺のつぶつぶみたいに毛穴が目立ってしまった鼻を解消する方法がやたら流れてきた時もありました。あれもあまりにも何回も、いわゆる「イチゴ鼻」のイラスト画像が宣伝枠のところに出てくるので、ついつい興味をかき立てられて見てしまいました。そしたらオリーブオイルと綿棒使う方法で。オリーブオイルに浸した綿棒で鼻の頭をクルクルすると綿棒の繊維に絡めとられて鼻の毛穴の角栓が取りやすくなると言う感じ。あれって、民間療法?なんですかね。療法というか美容法?

目の下の「八」の字の絆創膏の方も、あれと同じ感じの民間療法なのかと思ってました。そしたら違っていて、各メーカーが新製品として開発している商品の宣伝だったみたい。だったらなぜあの絆創膏の画像…という疑問わからないでもないですが。

お肌の潤いを保つ成分として今やいろいろな化粧品に入っているヒアルロン酸。あれを高濃度で凝縮してミクロの世界の針のようなカタチに形成して、それをシートの上に並べて、そのシートを気になるところにパックみたいに貼って、その針からヒアルロン酸をお肌の奥に注入するという商品。「貼るヒアルロン酸」とか呼ばれているみたい。お肌の潤いを高めると人気で話題になっていて、各メーカーから発売されているそうなんです。

エイジングケアの商品として、乾燥小じわなどに効果があるそうで。以前は1本何万円もかけて医療機関で注射で注入するしか無かったヒアルロン酸を自宅で気軽にお肌に注入できると人気だそうです。

参考サイトはこちら